2013年04月16日

室生寺

またまたお寺巡りの写真です。 今回行ったのは奈良の室生寺。創建年 は宝亀年間(770年 - 781年)
国宝 釈迦如来像・十一面観音像の特別拝観があったので行ってきました。

女人禁制だった高野山に対し、女性の参詣が許されていたことから「女人高野」と呼ばれていました。
建物や仏像は国宝や重要文化財だらけ。
年月を感じる色をした、趣のある古い山寺です。
ではさくっと写真を。

仁王門
IMG_2809.jpg

平坦な道なのはここまで。 後は石階段が続きます。
(受付で杖を借りることができます。)

IMG_2811.jpg

境内には桜がまだ少し残っていて、桜吹雪が綺麗でした。

金堂(国宝)
IMG_2815.jpg

この金堂で これまた国宝の釈迦如来像・十一面観音像を拝むことができました。

本堂:灌頂堂(国宝)
IMG_2816.jpg

徳川家の葵の御紋と九目結紋が描かれた垂れ幕がかかってました。
5代将軍綱吉の生母・桂昌院の力添えで真言宗の寺院として独立したこと
また、桂昌院が多額の寄進をしたこと。 そんなご縁から
徳川家の家紋と桂昌院の実家の家紋が描かれているようです。

五重塔(国宝)
IMG_2820.jpg

法隆寺の五重塔についで2番目に古いそうです。

境内の様子。
いったいどれほどの樹齢なんだろうと 想像するだけでポカーンとなりそうなほどの木々。
そのひとつは 大きな岩を まるで張り巡らした根っこで鷲掴みにしているみたいでした(写真右)。
すごい大きさだったんですけど写真じゃわかりにくいですね(^_^;)

IMG_2846-のコピー.jpg

とにかくものすごい数の石段を登った。
どれだけ登ったかというと
下
IMG_2839.jpg

すごく大変だったけど 不思議と疲れていない。
驚いたのは 膝の悪い母が杖を使ってはいたけれどこの石段を登りきったこと。
「なぜか痛くない。」と、結構サクサクのぼってました。

*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*

禅丸は毎日元気にしています。

先週一週間、足の調子もすこぶる良かったのですが
2日前からまたちょっと痛そうにあるくので、今日獣医さんへ。

IMG_2846.jpg

腫れもなく、触診では以前のように「キャン!」と泣くこともありませんでした。
ただ歩行を見てもらうと確かにまだ少しかばって歩いてるねって事で
鎮痛剤は飲むほどでもないからとりあえず無理させないってことになりました。
あと 老化防止にはじめたオゾン療法が足にも効くかもしれないってことで
そちらの回数をすこし増やして様子見ることにしました。

IMG_2847.jpg

食欲は旺盛、ウンP事情も落ち着きを取り戻してますので心配はないと思います。
今日も早く診察室に入りたくて走ってましたし(笑)。
今後は大丈夫と思っても過信せずに 時間かけて治します。

肥満細胞腫の予後チェックはクリアでした。
いくつかできてる脂肪腫(良性)も大きさに変化なくこちらもOK。

アンヨ以外はとーーーーーーっても元気です!


ニックネーム リネオ at 16:13| Comment(4) | 史跡・歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月18日

唐招提寺

薬師寺の後に向かったのは唐招提寺です。
が、その前に禅丸を。お山行きましたー♪

IMG_2751.jpg

IMG_2763.jpg

唐招提寺は鑑真和上が幾度の困難と失明を乗り越えて来日し創立。
薬師寺と同じく「古都奈良の世界遺産」の一部として登録されています。
唐招提寺は建物や仏像などが多く国宝&重要文化財に指定されています。

まあ細かく書いても興味ない方が多いと思うので写真を淡々と。

下国宝の金堂。奈良時代建立の寺院金堂としては現存唯一のものだそうです。

IMG_2652.jpg

IMG_2681.jpg

IMG_2655.jpg

「平成の大修理」という解体修理を経て今の姿になっています。
修理中の様子が詳しく写真や模型で展示されていて興味深かったです。

敷地内には鑑真和上の御廟もあります。

表面は崩れて中が見えてる土壁にそって歩いてもんをくぐる。
IMG_2659.jpg

背の高い木々とコケの庭を通り抜け

IMG_2664.jpg

鑑真和上の御廟に到着です。

IMG_2662.jpg

手を合わせた後、庭をゆっくり見て回りました。
母が苔大好きなので「まー♪」「いいわぁー♪」やら言いながら喜んでました。

IMG_2672.jpg

IMG_2677.jpg

薬師寺は開放的でしたがこちらは木々と苔に囲まれた古い趣のあるお寺でした。

帰りにお土産(自分用)を買いました。
IMG_2683.jpg

奈良時代から食べられていたらしく、牛乳を煮詰めまくって出来るのだって。
日本で初めてのチーズ! でも味はチーズじゃないです。
サクサクしてて あの〜なんだっけ 板状でミルクの味するお菓子・・・
「ミルクケーキ」ってやつだ! あれにそっくりでした。

以上、母と私の休日お寺巡りでしたー。

ニックネーム リネオ at 01:39| Comment(2) | 史跡・歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月16日

薬師寺へ

先週 母と一緒に奈良の「薬師寺」と「唐招提寺」に行ってきました。
禅丸はお留守番。「えー、禅丸の写真だけ見たいんだけど」
という方のために 最近の禅丸をどうぞ。

IMG_2708.jpg

IMG_2718.jpg

IMG_2723.jpg

禅丸はとっても元気に過ごしていますよ♪


★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

薬師寺は
天武天皇が建立を発願、そのあと持統天皇・文武天皇に引き継がれて建てられました。
もともと飛鳥にあり、遷都と一緒に移築され今の場所へ。
火災や兵火で 創建当時のまま残るのは東の塔のみです。

1998年、「古都奈良の文化財」の一部として世界遺産に登録されました。

IMG_2609.jpg

薬師寺金堂と国宝・薬師三尊像
009.jpg

IMG_2620.jpg

お堂内での撮影は禁止のため 接近した写真はありません。
中央の薬師如来像が座っておられる台座部分も国宝なんですって。
台座にはギリシャ・ペルシャ・インド・中国の影響を受けた彫刻がなされていて
シルクロードを通って文化が日本にやってきたのがよくわかります。

薬師寺には 東と西に塔がたっています。
西の塔:1300年前の姿を再現した塔。
東の塔:薬師寺で唯一1300年前、創建当時からの姿で残る建物(国宝)

でもーーーーーーー、只今東の塔が絶賛修理工事中でして見れませんでした。

塔.jpg

平成30年までおあずけです。またその頃来よう。

その東の塔の工事中に見つかった「仏舎利」の容器。
20日まで特別公開中。それを見たくて薬師寺に行ったんです。
塔の真ん中を貫く巨大な檜の心柱の最上部から見つかったのですって。
ハスの蕾の形をした容器で、赤い舎利が入っていました。綺麗だったなぁ。。これも撮影禁止゚(゚´Д`゚)゚
でも今ならこちらのニュースサイトで写真が見れます。


IMG_2622.jpg

↑は薬師寺の大講堂。
弥勒三尊像を中心に色々飾ってありました。
釈迦十大弟子も祀られていて、皆さんお顔の彫りが深かった!
あばらが浮き出たお姿で、「すごい修行なんだろうな。。」と思いながら
まじまじとお顔を拝見させていただきました。

その後特別公開の宝物などを見せていただいて最後に国宝・東院堂へ。

IMG_2646.jpg

鎌倉時代の建築物だそうです。

中にはとても見事な観世音菩薩様がおられました。国宝と書いてあったな。

寺社仏閣巡りをしてると いつも仏像そのものにも目が行くのだけど
その背後の部分が気になってしょうがないんですよね。

絵.jpg

マウスでかいたのでめちゃくちゃだけどわかります?
ココの部分の細工がすごいんですよね、どれもこれも。
あれ、近づいてガン見したいなーーー。無理だけど(笑)。

薬師寺をひとまわりするのに2時間以上かかりました。
ふむふむ言いながら説明たくさん読んだけど 読みすぎて忘れたので
すっかり脳内から消える前に 頂いた資料よんで復習しておこうとおもいます。

広くて清々しいお寺だったな。 また行きたいと思います。

IMG_2642.jpg

IMG_2647.jpg


次は唐招提寺編です。
ニックネーム リネオ at 15:47| Comment(4) | 史跡・歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月13日

石上神宮

奈良県天理市にある石上神宮へ。

IMG_2400.jpg

石上神宮は 私が初詣にいった大神神社と同じく
日本最古の神社の一つと言われている とても古い神宮です。

七支刀(ななつさやのたち、しちしとう)が保存されていることで有名です。

13.jpg

建物も国宝や重要文化財で とても美しい景観です。


今日は 東京で働いていた時の先輩がご家族で奈良観光に来られました。
その観光の途中で 私と禅丸に会いに来てくださったのです。
その待ち合わせ場所としてココを選びました。

ここにはペットのお守りも売っているので ワンコも連れて行けるのです。

IMG_2396.jpg

先輩の愛娘ちゃんと遊ぶ禅丸。
大きな禅丸にも動じずニコニコな可愛い娘ちゃんでした。
禅丸も突進していくような事なくちゃんとご挨拶できました(^-^)

1時間程 先輩達と過ごしてお別れ。
そのあと私と禅丸は暫し境内でお散歩して帰りました。

境内にはニワトリがたくさんいて とても大切にされています。
そこかしこにドヤ顔で闊歩するニワトリたち。

IMG_2407.jpg

禅丸はそんな鶏がきになってしかたない。

IMG_2401.jpg

近づきすぎて グェーーーーって超大声で怒られた禅丸は
飛び上がって腰ぬけそうな程驚いてました(笑)。

連休中で お正月の名残もある今日は人も多かった。
写真もあんまり撮れなかったなー。
でも犬好きの人にたくさん会えて いっぱい撫でてもらって
禅丸はとっても楽しそうでした♪

IMG_2405.jpg

今日のメインは「先輩家族と再会すること!」だったので
禅丸と行く写真撮影の旅はまた後日、改めて行きたいと思います♪

IMG_2409.jpg

禅丸にとっては今日が初詣。

たくさんの人に撫でてもらって「大吉」だったようです!

ニックネーム リネオ at 18:50| Comment(6) | 史跡・歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月08日

昨日の続き

高松塚古墳のある場所は広い広い公園になっています。

IMG_2246.jpg

1時間半ぐらいかけてゆっくりのんびりのお散歩しました。

IMG_2160.jpg

この間の山登り中の階段とちがって こっちは登り易いわぁ♪

ここに来たのは久しぶり。
禅丸は念入りにクンクンするので なかなか前に進みません。
もちろん草も食べてましたよー。飛鳥の草はまた味が違うのかしら??

IMG_2163.jpg

IMG_2174.jpg

公園の中にある中尾山古墳の前で。

IMG_2177.jpg

公園内には展望台や(あんまり何も見えないけど)芝生の広場
上の中尾山古墳と高松塚古墳。それから小さな資料館があります。

森林浴をしながら遊歩道を進むと 花・四神 が出てきます。
お花でできた「玄武・朱雀・白虎・青龍」の人形があります。
2009年に撮った写真では下
IMG_2163a.jpg

こんなかんじだったのですが、花の季節ではない今は枯れてました。

むき出しの土台部分がかなりホラー状態で、特に白虎と思われるものなんて

IMG_2203.jpg

とんでもなくマヌケな怖さを醸し出してました(笑)。

笑ったあとは 高松塚古墳に向かいましょう♪

IMG_2180.jpg

IMG_2217.jpg

紅葉を歩いてテクテク行くと 高松塚古墳が見えてきました。
2009年の時は 発掘調査中で古墳ごとフェンスに覆われていたんですけど
今日は見えたよー♪

IMG_2218.jpg

IMG_2225.jpg

看板犬アップ。

IMG_2228.jpg

石室の壁に女子群像や白虎・青龍・玄武が描かれていました。
昔の盗掘で壁の一部が壊されたり 発掘調査中にカビ生えたり傷ついたり
踏んだり蹴ったりだなーまったく。

ふむふむと案内板を読んだ後 公園内に設置されてた
「スタンプラリー」をしながら帰りました。一人でなにやってんだか(笑)。
全部揃って喜んでたら、あとAシリーズ分集めないと景品もらえないんだってー残念。

お天気もよく 気持ちの良いお散歩でした。
また行こうね、禅丸♪

IMG_2259.jpg

ニックネーム リネオ at 13:37| Comment(4) | 史跡・歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月07日

天武・持統天皇陵

禅丸と飛鳥に行ってきました。
高松塚古墳のある公園に行って、帰りに天皇陵へ。

順番逆ですけど今日は天皇陵の紹介を。

IMG_2261.jpg

天武天皇(壬申の乱に勝利し、律令制の基礎を築いた)
持統天皇(天武天皇の皇后で天武天皇崩御後あとを継ぐ) おふたりの合葬墓です。

数ある天皇陵ですが、本当に天皇陵なのかどうかというのは不明なのがほとんどなんだとか。
文献などから確率が高いのでそう定められてるみたいです。
でも、ここ「天武・持統天皇陵」はその数ある天皇陵の中でも珍しく
治定(陵墓と決定されること)されているそうです。

IMG_2263.jpg

残念ながら盗掘にあい、埋葬品は盗まれて
あろうことか、持統天皇の骨壷まで盗まれたそうです。(※持統天皇は初めて火葬された天皇)
中の骨は近くに捨てられたらしく、行方不明。ひどすぎる。。
天武天皇のご遺骸は無事だったみたいです。

せっかくご夫婦でゆるりとやすまれていたのにね。
せめて魂はまだこの御陵の中で 天武天皇と共にいらっしゃる事を祈ります。

合葬って事は仲が良かったのかな。愛情はどうかしりませんが
信頼関係は強いものがあったのでしょうね。

拝所でお参り。

IMG_2265.jpg

そうそう、この持統天皇は
都を飛鳥から「藤原宮」に移された方。いつも行ってるあそこです。
禅丸、いつも藤原宮跡で遊ばせてもらってます。ありがとうございますって言っておこうね。

IMG_2266.jpg

このあと 地元の特産品や野菜を売ってるお店によって
あすかルビー(いちご)のジャムを買いました。
ばーちゃんへのお土産。 喜んでくれるかなー。

高松塚古墳での様子はまた明日♪


ニックネーム リネオ at 19:57| Comment(2) | 史跡・歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月26日

飛鳥でお散歩

快晴の金曜日、今日はばーちゃんも一緒に飛鳥へ。

まずは「甘樫丘公園」へ行きました。
以前にも何度か登場してますが、ここは丘一つ、そのまま公園です。
端から端まで歩くと結構疲れます。
ここには蘇我入鹿の邸宅があったとされていて、発掘調査してたことも。
(ちなみに今はもう埋め戻されてました。)

IMG_1968.jpg

今日は気温も23度ぐらいまで上がったみたいですけど
公園内は日陰が多くて過ごしやすかった♪ 虫も少なくなったし♪

IMG_1979.jpg

禅丸は整備された道よりも 草いっぱいのところが良いみたい。
食材(雑草)の宝庫だもんね、そりゃそっちがいいわ(笑)。

テクテク歩いて展望台へ。 眺めもいいね。

IMG_1954.jpg

甘樫丘展望台からは大和三山も見渡せます。
いつも遊びに行ってる藤原京も見えたよ!

IMG_1988.jpg

展望台で暫し休憩。 禅丸もお水飲んで休憩。

IMG_1960.jpg

展望台から見える景色は面白い。 片側からは街並みが。
もう一方からは のどかな田舎の風景が見渡せます。
ま、町並みって言っても都会とは違いますけどね^^

甘樫丘で遊んだあとは その周辺を散策することにしました。

まず、公園を出てすぐ近くにある遺跡へ。

水落遺跡です。

全体像がうまく撮れない・・・けど、雰囲気だけでも。

IMG_2001.jpg

IMG_2002.jpg

ここにある案内板によると

660年5月、皇太子であった中大兄皇子(のちの天智天皇)が
日本で初めて水時計を作って人々に時刻をしらせた とあります。
その水時計があった場所がこの水落遺跡。1981年に発掘されたそうです。
水時計で時間を測り、吊り下げられた鐘を鳴らして時を告げたのだって。
優雅ですねー。 聞いてみたいな。
ほかにも水を利用した様々な施設があることもわかった と書いてありました。

以前飛鳥の都のことをテレビでやっていて 
「飛鳥は水路が張り巡らされた水の都だった」と解説してました。
大きな池のある庭園とかもあったのだって。
そういえば飛鳥資料館の庭に 噴水のような機能のある石の像みたいなのがあったな。
海のない奈良で水の都。不思議な気がします。
今は水量も少ない飛鳥川だけど 昔はもっと大きくて豊かな水量だったのでしょうね。

そのあとは 蘇我入鹿の首塚へ。

IMG_2006.jpg

大化の改新です。
中大兄皇子と中臣鎌足らによって 当時権力を握っていた蘇我氏が滅亡に追い込まれた事件です。
飛鳥板蓋宮で斬首された蘇我入鹿の首は 遠く離れたこの地まで飛んだと言われてます。

ほんまかいな。

この首塚がある場所は 飛鳥寺のすぐそば。

IMG_2008.jpg

飛鳥寺は有名ですよねー。
本尊の飛鳥大仏さんは 現存する日本最古の仏像と言われています。
お寺自体は東大寺とか興福寺みたいにでーっかいんじゃなくて
こじんまりしてます、今は。
飛鳥時代にはもっと大きなお寺だったみたいですけど。

今日は観光の方も多かったし、遠目から見学のみ。
今度は中も拝見してきます。 禅丸は車でお留守番してもらわないとね。

IMG_2005.jpg

でもまあ 記念に 飛鳥寺を背景にばーちゃんと一枚。


今日は本当に良いお天気で、観光の方も多かった。
遠足であろう小学生の団体もちらほらみかけたしね。
こんな日は禅丸にモデルさんしてもらいにくいから写真もあんまり。

でもまあ 秋の飛鳥で気持ちの良いお散歩ができました。

色々な遺跡が点在している飛鳥。
また今度は別の場所に行ってみたいと思います♪

IMG_1994.jpg

ニックネーム リネオ at 20:57| Comment(8) | 史跡・歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月01日

大和民族公園

先日禅丸と母と一緒に 奈良県郡山市にある「大和民族公園」に行きました。

奈良の各地にあった江戸時代の古民家15棟が
この公園の敷地内に移築復元されており、自由に見学できます。

梅林や菖蒲園もあり、ついでにめっちゃ広くて広場もたくさんありました。

0002.jpg

せんとくんがお出迎え〜。 禅丸は興味ないようでじっとしてくれません(笑)。

とりあえず写真いっぱい撮ったんですけど
撮りすぎたので(笑) 古民家中心にのっけます。 いっぱいありますが。

DPP_0004.jpg

最初は「町家」エリア。 庄屋さんの家が2軒あります。

DPP_0011.jpg

DPP_0018.jpg

お家の中も簡単に再現されてます。 囲炉裏があったり立派な長持もおいてありました。

庄屋さん家を見た後は
奈良の各地にあった民家を移築したエリアに続きます。

DPP_0021.jpg

ようこそ、ボクのお家へ! 見たいな顔してます。

DPP_0022.jpg

DPP_0025.jpg

禅丸は今回の古民家めぐりで「土間」の心地よさに気がついた様子です。
外は結構気温が高かったのですが お家に入るととっても涼しい。
土間はまた格別気持ちが良かった様子で 動こうとしませんでした。

DPP_0027.jpg

DPP_0032.jpg

禅丸〜禅丸はどのお家がいい? リネオはこれかな?やっぱりあっちかな?
などと話していると 母が
「でも 厠があんな囲いもない縁側の端やで」とか言い出す。
現実に引き戻さないでください、母よ。

禅丸は土間に夢中。 美味しいご飯が炊けるのだろうなぁ。

DPP_0040.jpg

DPP_0043.jpg

立派なお家。さすが重要文化財です。

DPP_0047.jpg

でもやっぱり厠が・・。って、母のおかげでそこばっかり気が行く(笑)

中も綺麗です。

DPP_0054.jpg

DPP_0057.jpg

どの古民家もとても綺麗なんだけど いたるところに「現代」が顔をだす。
「青いバケツ」「消火器」「なんか変な缶」「ビニールシート」。。。
あれが邪魔だ。。ちょっと何とかしてほしい。

DPP_0052.jpg

のどかで良い所です。
秋山小兵衞が出てきそう・・と言って「わかる〜」となったあなたとは
話が合いそうです(笑)。

禅丸も楽しそうに土間と庭を満喫します。

DPP_0061.jpg

DPP_0068.jpg

そんで暑くなるとそそくさと土間に。

DPP_0073.jpg

DPP_0078.jpg

白黒写真なら青いバケツの存在感が消せる(笑)。

DPP_0077.jpg

DPP_0084.jpg

DPP_0085.jpg

ほんの100年少し前には こんな古民家がたくさん見られたんですよね。
ずいぶんと変わってしまったものです。
こっちの風景の方が 魅力的だなぁ。 不便な生活だっただろうけどね。

最後は広場で満喫♪ 

DPP_0091.jpg

DPP_0096.jpg

森林浴も出来ていたるところに休憩所があって
広場もたくさんあって こんな古民家見学も出来る。
ついでに民族博物館に行くと、当時の暮らしぶりがもっとよくわかります。
私は禅丸がいたので博物館には寄ってませんけど。
とにもかくにも、とっても楽しい公園でした。



ニックネーム リネオ at 15:38| Comment(9) | 史跡・歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月12日

天香久山

今日は万葉の森公園から天香久山(あまのかぐやま)に登ってきました。

天の香久山は大和三山(耳成山・畝傍山・天香久山)の一つで最も神聖な山とも言われています。
とても低い山なのですぐ登れます。登山口は色々あるようですが今日は万葉の森公園から。

01.jpg

禅丸も紅葉っぽい色のT-シャツ来て秋を満喫です♪

02.jpg

04.jpg

部分的に紅葉が少し残っている程度でした。
まあ禅丸は落ち葉大好きなので大喜びでしたけど、もうちょっと早く来ればよかったなぁ。

03.jpg

公園から徐々に登っていきます。 道はわかりやすいですが
落ち葉が階段を隠してしまってる部分があり、コケそうになりました(笑)。
禅丸は元気いっぱい♪ 枝ゴリしつつ 笹食べつつ 楽しそうでした。

05.jpg

06.jpg

公園からの登山道は 一番最初に超急な階段があって、私はそこで疲れました(笑)。
禅丸は階段と山道を併用しながらグイグイ登っていきます。さっすがマウンテンドッグ♪ 

まあでもしんどいのは最初の階段だけ。あとは難なくあっという間に頂上です。

07.jpg

08.jpg

09.jpg

頂上は小さい広場のようになっていました。 小さい祠も。

10.jpg

ほとんど木々に囲まれている山頂ですが一部分だけひらけていて
そこからは、大和三山の一つである「畝傍山」が見えます。

11.jpg

ちょっと曇り気味でうまく撮影できませんでしたー。
山頂にあった案内板には舒明天皇の歌が載ってました。 

12.jpg

要するに 大和にはいっぱい山があるけれど、ひときわ美しい香具山にのぼって国を見ると
国が豊かな様子がよく見える。なんとも美しい国だ、大和の国は。・・・って事みたいです。

美しいですよ、大和の国は。 ね、禅丸。

13.jpg

さて 山頂でのんびりしたら下りましょう。 
途中の分岐で間違った方向に行きそうになったのですが

14.jpg

禅丸が分岐から動こうとしないので 「あ、道間違ったんだ」と気が付きました。
ありがとねー禅丸。

あんなわかりやすい山(ってかほとんど丘ぐらいの高さ)で迷いそうになるってなさけなーい。

15.jpg

はいはい、もう禅丸にお任せします。

そして無事来た道を戻って公園にたどり着きました。

16.jpg

天香久山はゆーっくりしても1時間あれば十分楽しめます。
寄り道しまくり、公園でのお散歩を入れても1時間ちょい位ですから。

禅丸、今度「耳成山」と「畝傍山」も登って 大和三山制覇しようね〜♪

道を覚える役はまた禅丸にお任せするのでよろしく〜〜^^

17.jpg

マウンテンDOGな禅丸には 嬉しいお散歩になった様子です。

ニックネーム リネオ at 19:15| Comment(4) | 史跡・歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月08日

山田寺跡

奈良県 桜井市と明日香村のちょうど境目あたりにある山田寺跡へ。
飛鳥資料館や石舞台古墳などからそう遠くない場所にあります。

1.jpg

2.jpg

絵を拡大すると

17.jpg

こんな感じのお寺が建っていた場所です。

山田寺跡は蘇我氏の一族である蘇我倉山田石川麻呂(そがのくらのやまだのいしかわのまろ)の発願により
7世紀半ばに建て始められ、石川麻呂の自害(649年)の後に完成した。
中世以降は衰微して、明治時代初期の廃仏毀釈の際に廃寺となった。
1952年(昭和27年)3月29日「山田寺跡」として国の特別史跡に指定されている。

(ウィキペディアよりコピー&要約)


今は発掘もしてなくて元に戻された史跡として保存されています。
藤原京と同じで、いまは広場みたいな感じになってます。

3.jpg

4.jpg


ね、何もないでしょう? でも禅丸にとってはクンクン天国でございます。


6.jpg

8.jpg

禅丸や、1300年以上前の香りは残ってた?
地中に今も遺跡の一部でもあるのなら きっと禅丸はその香りを空気と一緒にすいこんでるんだろうな。
ちょっとうらやましいなー(笑)。


所々に案内板があります。上半分が説明文、下半分は発掘時の写真です。

7.jpg

禅丸もお勉強中(笑)? 私もお勉強したいなーと思いつつ
古い歴史になればなるほどまず人名が覚えられなくて・・(。´-д-)
だってこの史跡の重要人物だって そがのくらのやまだのいしかわのまろって・・
長すぎるだろっっ!!!!

さて 気を取り直して散策〜♪

5.jpg

9.jpg

今日はちょい曇りがちな晴れ、でも気温もやっと秋めいてきて禅丸も楽しそうです。
何もない場所だけどどこからともなく枝見つけてきてゴリゴリたのしんだり
ココと決めた場所でゴロンを満喫したり。

10.jpg

12.jpg

13.jpg

こうやって見てると病気だってことを忘れちゃいます。
だから きっと大丈夫って思えるんです。
禅丸の体の中は決して楽観視できるような状況ではないのでしょうけどね。
だけど きっと大丈夫。 
抗がん剤に白血球減らされたって、禅丸の体はまた新しい白血球を作り出してる。
負けないんだから。 免疫UPUPして癌細胞なんかやっつけるんだーって信じてます。

11.jpg

14.jpg

15.jpg

今日は気持ちよいお出かけだったなー。 
人もいなくて静かでのーんびり。 なんかボケーッとしに来たくなる場所です。
また行こうね、禅丸。

16.jpg

禅丸の顔もぼけーっとなってるぞ(笑)。


ニックネーム リネオ at 20:54| Comment(4) | 史跡・歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月14日

行燈山古墳

前の記事の続きです。

唐古遺跡の桜を楽しんだあと、まだ時間もたっぷりあったので
そう遠くない場所にある古墳に行ってみることにしました。

行ったのは行燈山古墳。第10第天皇・崇神天皇の御陵だそうです。

112.jpg

ご近所に 第12第天皇である景行天皇陵もありまして。
以前は二つの古墳の埋葬者が逆じゃないかと言われていたみたいです。

天皇陵はもちろん宮内庁の管理下にあります。 いつ来てもとても綺麗。

111.jpg

禅丸のいるところが入口。
奥に見える石の階段をずーっと上ると 礼拝所からお堀に囲まれた御陵が見えます。

以下3枚は、以前撮った写真。

DSCF0359.jpg

DSCF0365.jpg

DSCF0361.jpg

禅丸を連れてこの上まで行くのは気が引けたのでやめました。
眠っておられる崇神天皇が犬好きとは限りませんしねぇ。粗相しちゃっても困りますからね。

なので禅丸と私はお堀の周りをぐるっと一周お散歩します。

あ、そうそう。一応古墳の説明を。(Wiki情報ですけどもw)
古墳時代の前方後円墳で 全長242m 高さ23m。 4世紀前半に造られたそうです。

113.jpg

ほんとに良いお天気です! 禅丸はちょっとバテ気味かとおもいきや以外に元気♪

団体さんが散策されていました。きっと山の辺の道(日本最古の道)をハイキングされているのでしょう。
「なんていう種類の犬?」「かわいいなぁ。」「おとなしいねぇ」と
たくさん声をかけてもらいました。 が、
禅丸 こんな「団体さん」に慣れてませんから私の後ろに隠れ気味(笑)。
普段過疎ってる場所しかいかないもんねぇ。 都会っ子にはなれそうにない(笑)。

114.jpg

このアングルからみると 前方後円墳だとわかるかな?
古墳の「くびれ」が見えるでしょうか。 あのクビレから奥が方形、手前が円形部分です。

御陵を眺めながらお散歩できるように道ができています。

115.jpg

116.jpg

禅丸の奥に見える桜の木のあたり、あの辺にも古墳があるみたいです。
・・・ってそんなこと言い出すと この周囲はそんな感じの小山がわんさかですが。
訪ねてみたい場所、いっぱいあるねー禅丸。

禅丸は初めての場所なので興味深々。 草の中に顔突っ込んで研究熱心でしたよ。
お堀にいた鳥さんたちをガン見してましたけど 「ボクも泳ぎたい」だったのかも。
結構暑くなってきたもんねー。

117.jpg

118.jpg

119.jpg

あっという間の御陵1周。 でも休憩入れながらのんびり楽しめました。
帰り際菜の花畑が。 でも禅丸もうバテバテでモデルさんしてくれませんっ。

120.jpg

また 今後も色々奈良歴史めぐりしようと思います。

121.jpg

ニックネーム リネオ at 15:16| Comment(6) | 史跡・歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月13日

唐古遺跡へGO!

今日はとーーーーっても気持ちの良い青空だった禅丸地方。
朝からの仕事が終了したので禅丸とお花見散歩に行ってきました。

場所は 奈良県の田原本という所にある「唐古・鍵遺跡」。

041.jpg

国道沿いに突然現れます。 ここは弥生時代の環濠集落遺跡です。

004.jpg

案内板によるとこのあたり一帯が遺跡なんですが
今この場所に遊びにいっても 池と復元された楼閣があるだけです。
土器に描かれていた建物を再現したものがこちら ↓↓↓

001.jpg

こちらで出土したものは、唐古・鍵考古学ミュージアムに展示されてます。
HPもあるので良ければどうぞ。 ココから
文字で読んでるよりわかりやすいですよー。

さて、禅丸と私はのんびり 池一周のお散歩です。

010.jpg

013.jpg

眩しいぐらいの青空で カメラの液晶が見えない!
撮れてるのか 撮れてないのか・・イマイチわからないままでした(笑)。
帰って確認したら 逆光だわ、眩しすぎるわ、ぶれてるわ、ピントあってないわ(T▽T)
うぎゃーーーな写真がほとんど(爆)。 比較的マシなのもあったからいいか。 
いい加減カメラ覚えろよ・・と リネオ心の声はいつも言ってるんですけどねぇ(笑)。

016.jpg

017.jpg

020.jpg

ここ数日非常に忙しくて ろくに散歩もいけなかったから
やっとのお出かけに禅丸も楽しそうです。行く前から鼻息荒めで(笑)。
桜がどうした!!と言わんばかりに 草むらにしか興味のない禅丸。
ベンチに座ってボケーッときれいな桜を眺める私の隣で
草の匂い全部吸い込んでるんじゃないかと思う勢いでクンクンしてるし。
ついでに草食べてるし。。。まあいいけどさ。

桜が綺麗です! 一部分だけですけど 散歩道が桜のトンネルでしたよ。

018.jpg

033.jpg

のどかな風景です。

028.jpg

037.jpg

038.jpg

034.jpg

古墳にも立ち寄ったんですけど それはまた明日にでもUPしますー。

ニックネーム リネオ at 19:07| Comment(2) | 史跡・歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月05日

番外編・正倉院展

※※禅丸登場しませーん。 番外編です。※※


P1000606.jpg本日、念願だった「正倉院展」に行ってきました!
毎年奈良国立博物館にて開催されていますが 行きそびれてばかり。

今回初めてでしたが、たくさんの宝物との対面に感激です。
なので禅丸関係ないけど 日記として書き留めておこうと思います。


正倉院展では普段は見ることのできない
皇室ゆかりの古代の宝物をとても身近に見ることができます。

聖武天皇が崩御された後、光明皇后が天皇ゆかりの品々を
大仏様に奉納されました。 それが正倉院宝物の始まりなんだ!
・・と、今日正倉院展で貰った新聞に書いてあります。

そして今年は天皇陛下ご即位20年記念ということもあり
代表的な宝物をたくさん見られるのだそうな。 

会場で貰った新聞の記事と 私の記憶を頼りながら皆様にも雰囲気のおすそ分け。
場内撮影禁止です。下の写真は新聞に載ってるのを撮影したもの。


まず・・・・・・人多すぎますっっ!!!!!!!!!!!
禅丸と私、普段は「過疎ってる?」的な所ばかり行ってるので人の多さにびっくらこん。
正倉院展・おかえり阿修羅from東京・紅葉・修学旅行。 全部セットで大賑わい。
正倉院展も建物にはすんなり入れて「あれ、空いてる?」って思ったら・・
展示物の前もこれでもかって程の人だかり。しかし、両親よデカく産んでくれてありがとう。
背が高いおかげで人の頭の上からひょいひょい覗いてフムフムできました(笑)。

まず目に入ったのがフエルトの敷物。
青い草花が描かれた 暖かささえ伝わってきそうな敷物がありました。

次に光明皇后直筆のお手紙。 なんともまぁ字が上手い!!
細かい字なのにとても綺麗で まるでパソコンで打ったみたいでした。

そしてこれ。

P1000607.jpg紫檀木画槽琵琶(したんもくがそうのびわ)」
写真は新聞に載ってたやつ。これは琵琶の裏側です。本当に細部まできれいに色々な花や鳥が描かれていました。どんな音するんだろう・・優雅な音だろうなぁ〜としばしウットリ。あんまりウットリしてるとおばちゃんたちに体当たりされて押されて大変ですがw

写真はないのですが 囲碁台と碁石の入れ物もありました。囲碁板はヒノキでできていて、マス目は象牙で引いてあるそうな。装飾にも象牙やら貝やらを彫って描いたピースがはめ込まれていました。贅沢だな。貝・琥珀・べっ甲・トルコ石を使って装飾された銅鏡も展示されていました。幅30センチ位あったかな。 大きい銅鏡でした。 キラキラとっても綺麗。






それからこんなものも展示されてました。

P1000608.jpgお面です!
普通の顔の人・天狗みたいな顔の人・力士・なんか怖い顔の人
色々な種類のお面が展示されてました。今のお面よりずっと立体的で あごもすっぽり収納されるような形のお面。表情が豊かで 今にも動き出しそうな感じがしました。

お面をつけた踊り子さん(?)が着る衣装も展示されてたんです。ちゃんと手縫いされていて なんかすげーーーーって思いました(笑)。

あの琵琶弾いて この衣装きて あのお面つけて・・と、一人妄想で楽しんだひと時。

それから記憶に残ってるのが銀の大皿。すっごい大きなおさらで足がついてました。お皿には鹿が施されていて側面は色とりどりの細かいビーズみたいなもので装飾されてました。あれすごい綺麗だったなぁ。。。



書くと長くなるので(もう十分長い)この辺りにしておこうかな。

古墳から発掘されたもって大抵こわれちゃったりしてますよね。
正倉院展の宝物は厳重に管理されているだけあって 保存状況は抜群。
1000年以上前の物とは思えないほどに綺麗で優雅で繊細でした。
とにかく、来年もまたあるので是非一度ご覧あれ。


ちなみに今日本当は阿修羅も見にいきたかったし
できることなら唐招提寺にも行こうと思ってたんです(テレビの影響)。
でも阿修羅見ようと興福寺いったらなんとなんとの1時間半待ち(T▽T) すぱっと諦めました。
「これは唐招提寺もえらいことになってるにちがいない」と判断し、また今度時期を見て行く事にしました。 

来年は平城京遷都1300年祭。(710見事な平城京でおなじみ)

これを機会にもう少し奈良の歴史を勉強してみようと思ったリネオです。

P1000600.jpg


禅丸登場しないのに 最後まで読んでくださった皆様ありがとうございました!
ニックネーム リネオ at 22:37| Comment(8) | 史跡・歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月13日

番外編

今日は禅丸登場しませーん。

今日の写真は全部携帯なので見苦しいです。


姉とちょいと車で野暮用のつもりだったのです。
でもせんとくんのグッズ買いたいと私が言い出し、(きもいけど欲しい)
運転手の権限により勝手に奈良へれっつらゴー!
しかーし、せんとくんのグッズなくてがっかり・・・。
仕方ないのでまたも勝手に行き先決定。 春日大社までれっつらゴー♪

090213_1440~0002.jpg
↑ リネオの車窓から。(奈良公園の一部)


春日大社に行ったのに、携帯には鹿の写真しかない(爆)。

とりあえず載せてみます。


090213_1434~0001.jpg   image.jpg

可愛い鹿ですが、時期によっては鹿が興奮状態にある場合もあるので気をつけましょう。
今日出会った鹿さんたちは皆とっても穏やかな子達でしたけど。


090213_1440~0001.jpg

鹿注意の道路標識があるのはもう皆さんご存知ですよね。 有名です。
車に轢かれる事故が良くあるためにこういう看板を設置。
自由に公園中を散歩する鹿たち。でも危険もたくさんあるのです。

奈良では車より鹿優先です。

090213_1441~0002.jpg

めっちゃ普通に横断しますから大変です。
ちなみに昔 のんびりな鹿さんの横断待ってて大学に遅刻しそうになりました。
元々遅刻気味だったのに そんなときに限って・・(´Д`;A)



喉が渇いたので飲み物ゲットしようとしてびっくり!

200902131432001.jpg

これは私も初めて見ました。 自動販売機で募金が出来るのです。
普通の自動販売機の商品と同じように並んでます。
募金は鹿の保護のために使われるとの事。ポケットにあった小銭を寄付してきました。
てか良い案だと思います。 気軽にポチッと募金できるし♪



まあでも今日の一番のツボはこの子、鹿せんべいを売る鹿 ↓

200902131405000.jpg

立派な売り子さんでしょ?
無人の鹿せんべい売り場に張り付いてましたよ。
ずっとこの場所にたたずんでは通る人をガン見して
『これ買って。』とつぶらな瞳で訴えかけていました。
その瞳に負けてしまいそうになったんですけど 辺りを見ると10頭以上の鹿さんが。。

ココでせんべい買っちまったら囲まれる。
囲まれている間にあっちからもこっちからも集まってくる・・。
というエンドレスな状況になりかねないので心を鬼にして(笑)買わずに通り過ぎました。 ごめんね。

ちなみに 鹿は鹿せんべい欲しさにお辞儀します。



奈良では『鹿は神の使い』と言われて大事にされています。
ワンコのような表情はないけれど じーっと目を見つめてくる鹿。
なんだか本当に神聖な力を持っているんじゃないかと思ってしまうほど
心の中を見透かされているような気持ちになりました。

さて。。わたくし春日大社に行きましたと言いました。
こういう場所に行ったらもちろん・・・・おみくじ〜〜♪
またやっちゃいましたよ。今年回目(笑)。

090213_1634~0001.jpg
↑ 鹿おみくじ です。(春日大社でGETできます。)

結果は・・・(また)中吉〜♪ 3/4の確立で中吉です。
今年は中吉って事だな。 (←いい加減気づけって?)

突然の奈良観光、結構楽しかった♪
今度はカメラ持って行きます。素敵な景色がたくさんあったから。

あ、奈良公園はワンコOKです。 でも鹿が攻撃したりする事もあるらしいので気をつけてくださいね。
その逆に、野犬に鹿が襲われるという悲しい事も実際に起こっています。
私は 奈良公園に禅丸を連れて行くことはないと思います。
ここは鹿さんの聖域だと思っていますので。

それから、もし奈良観光に行こうって思っている方がこのブログを見てくれているなら。。
どうかゴミはゴミ箱に捨ててください。鹿が食べてしまいます。
今日もお守りを食べようとしている鹿を見て冷や冷やしました。
どうにか注意を他にそらせてお守り確保。届かない場所においておきました。
(お守りなのでゴミ箱には入れられなかった・・)。

小さなゴミ1つと思わず、ちゃんとゴミ箱へ。
積み重なったゴミが鹿のお腹で大変な事にならないように。



090213_1628~0001.jpg
↑ これは禅丸におみやげ。

奈良、なかなか面白いですよ♪ 

ニックネーム リネオ at 23:58| Comment(6) | 史跡・歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月12日

あったか〜♪

ものすごーく暖かい今日は 禅丸と甘樫丘(あまがしのおか)に行ってきました。

駐車場のすぐ奥で発掘調査してました。

IMG_8899.jpg

この甘樫丘は飛鳥にある国立公園の1つです。
綺麗に整備されていて 展望台が2つあるいいところです。

IMG_8817.jpg

久しぶりの甘樫丘公園。 禅丸もウキウキ散策開始です。

IMG_8818.jpg

IMG_8823.jpg

丘と言うだけあって、登ったり下ったりの道が続きます。
ぐるーっと歩いたら結構太ももにキツイ感じが。。運動不足かな(笑)。

IMG_8828.jpg

禅丸の情報収集が抜かりないのでなかなか前に進みませんが

IMG_8830.jpg

一つ目の展望台に到着ーーーーーー♪ すでに結構疲れ気味なあたし(爆)。

IMG_8833.jpg

とても見晴らしの良い場所でした。禅丸と一緒に水分補給しながらしばし休憩。

IMG_8835.jpg

この展望台を後にして、次は菜の花が咲いている場所を目指します。

目指すんだけど 禅丸寄り道多すぎっ(笑)。

IMG_8859.jpg

今日はご夫婦で歩かれている方とたくさんすれ違いました。
皆さん健脚でお元気ですよね。私よりよっぽどスタスタ歩かれてました。

IMG_8863.jpg

禅丸〜、気になる場所たくさんあって楽しいね。

IMG_8869.jpg


菜の花の場所に行く途中、こんなの発見。 下珍しいでしょ?

IMG_8870.jpg

なんとも見事に年齢を隠しています。 この木は女の子でしょうね(笑)。

IMG_8880.jpg

そしてその後やっとこ菜の花の場所に到着!

IMG_8886.jpg

一角だけですが綺麗に咲いていました。

その後、ぐる〜りと公園内を散策。 最後に2箇所目の展望台へ。
でもチャージ切れにより写真はココまで。

IMG_8889.jpg

2箇所目の展望台に登る時にはかな〜り疲れていた私。
禅丸に引っ張ってもらいながら登りました(笑)。 ありがとね〜。

一つ目の展望台で『スタンプラリー』があったのでやってみたんです。
最後の1つのスタンプ、てっきり2箇所目の展望台にあると思ったのになかった(T▽T)
で、結局見つけられないまま終わってしまった・・・。

今度遊びに行ったときには 最後のスタンプの謎を解きたいと思います。

いったいどこにあったんだろうか???



ニックネーム リネオ at 23:52| Comment(2) | 史跡・歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月19日

飛鳥の公園

連日の雨から開放された今日は 禅丸と飛鳥へ。
歴史スポットの集合体みたいな明日香村。そこに国立公園があって、5つの地区に分かれています。。
石舞台地区 / 甘樫丘地区 / 祝戸地区 / キトラ古墳周辺地区(整備中) / 高松塚周辺地区

今日は『高松塚周辺地区』と呼ばれてる一帯に行ってきました♪
もちろん今日も着くなりウンPで 私は荷物が増えたわけです(笑)。

IMG_8543.jpg

綺麗に整備されていて、清潔なとっても心地よい場所です。
本当にのんびり出来る場所で、時間がゆっくりしている気がします。

IMG_8484.JPG

IMG_8490.jpg

公園内の案内板を見ながらぐるっと遊歩道をお散歩します。
駐車場からしばらく歩くと古墳が出てきました。

IMG_8497.jpg

この古墳、丸くなった丘の部分から結構大きな木がニョキニョキ生えてます。
他の古墳だって木ははえてるんですけど なんかびっくりしました。

禅丸と古墳。(って古墳殆ど写ってないけど(笑))。

IMG_8499.jpg

禅丸は初めての場所でウッキウキ♪
気持ちの良いお天気だし、ゆっくり楽しんで帰ろうね。

IMG_8533.jpg

IMG_8505.jpg

途中、散策されている方や清掃員さんとご挨拶しながらも
禅丸は一生懸命にそっこらじゅうのニオイを片っ端から収集してました。

そして高松塚古墳方面に向かいます。

IMG_8510.jpg

途中にこんなのがありました。

IMG_8514.jpg

で、写真とってみた。

左から東の青竜(せいりゅう)・南の朱雀(すざく)・北の玄武(げんぶ)・西の白虎(びゃっこ)。 たぶん。

IMG_8513.jpg

ちょっと休憩を挟みながら 高松塚までの散策開始。
落ち葉の広場やコケの生えた道を行きます。 禅丸も楽しそう。

IMG_8518.jpg

IMG_8525.jpg

公園の中なのか外なのかわからないような場所にでると 高松塚までもうすぐです。

IMG_8531.jpg

で、着いた。 でもーーーー工事中で完全防備。高い壁に囲まれて近づけませんでした。
壁の隙間から写真だけでも。。

IMG_8532.jpg

カビで壁画が侵食されてしまったり、
作業中の不注意で色んなところに傷が付いてしまったり。
何かとかわいそうな高松塚古墳。 修復が上手くいくと良いですね。

この近辺に『高松塚壁画館』があります。
古墳の模型やら出土品(模造品)とか壁画の様子が再現されたものが展示されてるようです。
禅丸と一緒だったので行けませんでしたが、一度立ち寄ってみたいな。

残念な高松塚古墳見学を終えてゆっくり駐車場付近の広場に向かって歩きます。
途中天皇陵があったので遠目からパチリ。

IMG_8535.jpg

上に写真乗っけた中尾山古墳は
一説には『こっちが本物の文武天皇陵なんじゃないの?』って言われてるみたいですよ。(ネット情報)

もしくは中尾山古墳は文武天皇に縁の深い人(身内)のものじゃないかといわれてるようです。

ゆっくりのんびり 休憩も挟みながら1時間半ほどの旅でした。
最後は芝生公園に戻って枝ゴリを満喫。

IMG_8539.jpg

しばしボーっとした静かな時間を過ごして帰りました。

このあたりは色々見所いっぱい。 またフラフラしに行こうと思います。

ニックネーム リネオ at 22:31| Comment(8) | 史跡・歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月04日

ごぶさた

随分行ってなかったな〜藤原京。久々先日行ってきました♪

IMG_6823.jpg

彼岸花ももう色あせてしまってます。 すっかり秋模様だね。

IMG_6842.jpg

この日、藤原京跡ではイベントの設営中でした。
毎年行われる『ムーンライトin藤原京』というイベント。
色んな出し物や出店があり、藤原京がたくさんのキャンドルでライトアップされたりします。
その準備のためにステージなんかが組まれてました。
禅丸の背後に見えるのがそれ。 下分かるかな?

IMG_6831.jpg

今年は今日(10月4日)がそのイベントの日。
姉を誘ってみて ちょっと行ってこようかと思ってます。

IMG_6844.jpg

設営の邪魔にならないように遊んだり 眺めてみたり。
夕方の藤原京はちらほらとお散歩の人がいらっしゃいましたが
それでも静かなもので、とてものんびりとした時間を過ごせました。

IMG_6866.jpg

そうそう、藤原京といえばこの時期コスモス畑が出来てるんですが。
この日見てみるとなんか去年とくらべると目立たない。
コスモス自体も短い(背が低い)し、まだこれからなのかな。
また来週あたり見に行ってみようと思います。

それにしても虫が居なくなって お出かけしやすくなったなぁ♪

ニックネーム リネオ at 16:18| Comment(6) | 史跡・歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月08日

文殊院

今日は今年受験を控える甥っ子の代わりに
地元奈良の『安倍文殊院』にお参りに行ってきました。
ここは日本三文殊に数えられる有名な知恵の神様で、
遠いところからも合格祈願にたくさんの方がいらっしゃいます。

初詣の頃は大賑わいですが、今日は静かでした。
なので1人で行ったのにもかかわらず
地元のおじいちゃんおばあちゃんにまぎれて
かなりゆっくり過ごしてきました(笑)。
700円で本尊も拝めるとの事でしたのでしっかり見てきましたよ♪
あいにく撮影禁止なのでお見せできませんが
本尊はとっっっても立派な木造の文殊菩薩像です。重要文化財だそう。
大きな獅子の背中にまたがっている菩薩像で高さは7メートル(日本最大)。
目の前で見ると何とも言えないオーラというか威厳というか。。
生まれて初めて 仏像を見て鳥肌が立ちました。
目の前でしっかりと甥っ子の健闘を祈ってまいりました。

その後境内をブラブラ〜。で、こんなの発見しました。
080108_1246~0002.jpg
その名も合格門。 なんでも松の木で出来た門だそうで
『一足早く門をくぐって合格を待つ』と言う意味だそう。
しっかりくぐってまいりました♪ で、その門をくぐり展望台に行くと
080108_1247~0001.jpg
お花で出来た合格絵馬を見下ろすことができます。
なんだか全てが上手く行きそうに思えるほどの爽快感でした♪

お守りと合格鉛筆を買ってさっそく東京の甥っ子に送りました。
がんばれ〜〜〜〜っ。

禅丸はもちろんお留守番。お家に帰ると『どこいってたのぉぉ〜〜』って突進されました(笑)
ごめんね、でも禅丸は連れてはいけないからね。
お庭で遊ぶとご機嫌がすぐに良くなったのでホッとしたリネオでした。
IMG_4456.jpg
どちらかというと、禅丸にも是非文殊様から知恵を頂きたいけど。。
ニックネーム リネオ at 18:55| Comment(17) | 史跡・歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月29日

リベンジならず

今日はいいお天気。 先日からの『雨暇モード』を壊すべく
藤原京に遊びに行ってきました。 

先日行った時は見ごろだったコスモス。
もう見ごろは過ぎてしまったようでした。
この間綺麗に撮れなかったからリベンジ撮影したかったのになぁ。
お花畑をセミ・アップな距離で撮ると、花のない部分が目立つほど。
風邪引いたり雨降ったりで、すっかり出遅れてしまいました。
IMG_3272.jpg
雨のせいかコスモスはすこし倒れちゃってました。
部分的に綺麗に咲いているコスモスがあったのでそれをパチリ。

IMG_3275.jpg
あと 背後にボカす程度ならまだまだいけます(笑)。

IMG_3280.jpg
禅丸はコスモスなどお構いなし。 あっちこっちクンクンです。
ここ数日まともなお散歩も雨で出来なかったから 今日はいつもより楽しそう。

IMG_3313.jpg
一応 ボール(デカイ穴あるけどまだ遊べる。)持参してみたのですが
ほとんど遊ばず、走り回ってはクンクン。。の繰り返しで
十分楽しめたみたいでした。 いい物見つけたしね。

IMG_3307.jpg
ニヤニヤしながら 枝ゴリ中。 何にもない原っぱなのに
『これどうぞ』とばかりに一本だけ落ちていたデカイ枝。
見逃しませんよぉ〜〜。

IMG_3310.jpg
お散歩中のご夫婦に 『ええの見つけたなぁ〜。』って言ってもらって
見せびらかすようにゴリゴリ楽しんでました。

IMG_3288.jpg
おもいきり走って、ゴロゴロも枝ゴリも満喫した禅丸。
日差しが強くなり 暑さが出てきたので本日は退散しました。
撮影リベンジには遅かったけど、今日も楽しかったので良いとしよう♪
ニックネーム リネオ at 21:51| Comment(6) | 史跡・歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月07日

明日香

明日香村に行ってきました。
お休みの日だから、超混雑してました〜。。。車も満車だし(T_T)
ルナ家と現地集合だったので、早く着いた私と禅丸は散策へ。
とは言えどこを歩いても人だらけ。あんまり自由に歩くことも出来ず
禅丸は終始私の真横にピッタリ寄り添ってました。
なのであんまり写真もとれなかった (´・ω・`)ショボーン

しばらく散策したあと、石舞台の広場に行ってみると
少しは人だかりもマシになっていたので スペースを見つけて
やっとこさ腰を下ろしました。 ふぅ。。。休憩休憩。

IMG_2462.jpg
ここは周囲に人が居なかったので ロングリードでOKでした。
やっと思いのままに歩けたね、禅丸。 沢山クンクンだーー。

IMG_2446.jpg
今日は『晴れ→雨』の予報だったけど、ミストのような雨が一瞬降っただけで
後は晴れ! お陰で禅丸はちょっとバテ気味に。。。

IMG_2456.jpg
石舞台の広場でも、彼岸花が沢山咲いていました。 
写真は もうすぐ枯れてしまう彼岸花。 
上から見ると花火みたいで綺麗だったので 思わずパチリ。

この後 ルナ家と合流してからは 和みムードで話してしまって
すっかり撮影するのを忘れてました(笑)。 一緒の写真全然ないし。
禅丸もこの時点ではすでにバテて 休憩ばっかりでしたけど。。

IMG_2464.jpg
あまりに暑かったので、後半 近くの川にいれてあげました。
『明日香川 瀬瀬(せぜ)に玉藻は 生(お)ひたれど 
             しがらみあれば 靡(なび)きあはなくに』

と、万葉集にも歌われている飛鳥川です。歌碑が近くにありました。

この後また広場に戻ってひとあそび。 私もカメラを置いて
芝生で禅丸に倒されながら遊びました(笑)。 

それにしても休日の明日香はホントに人が多い!!!
(夕方になると突然人が激減するけど。)
これからは平日でも観光の方々で賑わうだろうし。
色々ゆっくり周ってみたいけど、この人混みじゃムリだー(><)



ニックネーム リネオ at 22:36| Comment(8) | 史跡・歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする