2013年03月27日

う〜ん…

二日前から右前脚が痛そうな禅丸。
それでもお散歩も行きたがるし大丈夫かな?と思ってたんですが
昨晩ちょっとひどくなった様子だったので 今朝獣医さんへ行ってきました。

問題の前足、肘の辺りが痛そうです。
大型犬のビッコは怖い。バーニーズは特にね、病気多いから。
ただ痛めただけなら良いのですが
怖い病気が原因の場合もあります。なので 後日改めてレントゲン検査してもらうことにしました。

なぜ後日かというと、麻酔するからです。
禅丸は脚は痛いんですが元気はいっぱい。獣医さんでもはしゃぎまくってました。
この状態ではレントゲンとれません。
鎮静して検査の方が ストレス的にも良いとおもったので。
それに もしも怖い病気だった場合、その場でオペして骨の組織をとってもらわないといけなくなります。
そんなこんなで先生の予定に合わせて4月1日にレントゲン検査(プラスオペかも)。
今日はいつもの「リンパと体のチェック」もしてもらいました。そちらはオールクリア。大丈夫でした。

今の禅丸の様子ですが。
痛みはありますが 腫れたりはしていません。少なくとも触った感じではね。
3本足のビッコではなく、痛みをかばうようにピョコピョコ4足歩行です。
そのくせ獣医さんに行く時は嬉しさで走ってました(;´д`)ヤメテー
元気はあるし食欲も旺盛。ウンチもチッコも自力でできます。

とりあえず検査までは安静にさせようとおもいますが 安静ができない禅丸さん。
肥満細胞腫の手術後も「安静」って言われてるのにはしゃぎまくってたしなぁ。 どうすっかなー。

とりあえず今日は鎮痛剤もらって帰ってきました。

IMG_2730.jpg

IMG_2756.jpg

写真は数日前の禅丸。この時はなんにもなかったんだけどね。
不安は突然やってくるものだ、やだやだ!

ニックネーム リネオ at 19:00| Comment(8) | 病院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月18日

唐招提寺

薬師寺の後に向かったのは唐招提寺です。
が、その前に禅丸を。お山行きましたー♪

IMG_2751.jpg

IMG_2763.jpg

唐招提寺は鑑真和上が幾度の困難と失明を乗り越えて来日し創立。
薬師寺と同じく「古都奈良の世界遺産」の一部として登録されています。
唐招提寺は建物や仏像などが多く国宝&重要文化財に指定されています。

まあ細かく書いても興味ない方が多いと思うので写真を淡々と。

下国宝の金堂。奈良時代建立の寺院金堂としては現存唯一のものだそうです。

IMG_2652.jpg

IMG_2681.jpg

IMG_2655.jpg

「平成の大修理」という解体修理を経て今の姿になっています。
修理中の様子が詳しく写真や模型で展示されていて興味深かったです。

敷地内には鑑真和上の御廟もあります。

表面は崩れて中が見えてる土壁にそって歩いてもんをくぐる。
IMG_2659.jpg

背の高い木々とコケの庭を通り抜け

IMG_2664.jpg

鑑真和上の御廟に到着です。

IMG_2662.jpg

手を合わせた後、庭をゆっくり見て回りました。
母が苔大好きなので「まー♪」「いいわぁー♪」やら言いながら喜んでました。

IMG_2672.jpg

IMG_2677.jpg

薬師寺は開放的でしたがこちらは木々と苔に囲まれた古い趣のあるお寺でした。

帰りにお土産(自分用)を買いました。
IMG_2683.jpg

奈良時代から食べられていたらしく、牛乳を煮詰めまくって出来るのだって。
日本で初めてのチーズ! でも味はチーズじゃないです。
サクサクしてて あの〜なんだっけ 板状でミルクの味するお菓子・・・
「ミルクケーキ」ってやつだ! あれにそっくりでした。

以上、母と私の休日お寺巡りでしたー。

ニックネーム リネオ at 01:39| Comment(2) | 史跡・歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月16日

薬師寺へ

先週 母と一緒に奈良の「薬師寺」と「唐招提寺」に行ってきました。
禅丸はお留守番。「えー、禅丸の写真だけ見たいんだけど」
という方のために 最近の禅丸をどうぞ。

IMG_2708.jpg

IMG_2718.jpg

IMG_2723.jpg

禅丸はとっても元気に過ごしていますよ♪


★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

薬師寺は
天武天皇が建立を発願、そのあと持統天皇・文武天皇に引き継がれて建てられました。
もともと飛鳥にあり、遷都と一緒に移築され今の場所へ。
火災や兵火で 創建当時のまま残るのは東の塔のみです。

1998年、「古都奈良の文化財」の一部として世界遺産に登録されました。

IMG_2609.jpg

薬師寺金堂と国宝・薬師三尊像
009.jpg

IMG_2620.jpg

お堂内での撮影は禁止のため 接近した写真はありません。
中央の薬師如来像が座っておられる台座部分も国宝なんですって。
台座にはギリシャ・ペルシャ・インド・中国の影響を受けた彫刻がなされていて
シルクロードを通って文化が日本にやってきたのがよくわかります。

薬師寺には 東と西に塔がたっています。
西の塔:1300年前の姿を再現した塔。
東の塔:薬師寺で唯一1300年前、創建当時からの姿で残る建物(国宝)

でもーーーーーーー、只今東の塔が絶賛修理工事中でして見れませんでした。

塔.jpg

平成30年までおあずけです。またその頃来よう。

その東の塔の工事中に見つかった「仏舎利」の容器。
20日まで特別公開中。それを見たくて薬師寺に行ったんです。
塔の真ん中を貫く巨大な檜の心柱の最上部から見つかったのですって。
ハスの蕾の形をした容器で、赤い舎利が入っていました。綺麗だったなぁ。。これも撮影禁止゚(゚´Д`゚)゚
でも今ならこちらのニュースサイトで写真が見れます。


IMG_2622.jpg

↑は薬師寺の大講堂。
弥勒三尊像を中心に色々飾ってありました。
釈迦十大弟子も祀られていて、皆さんお顔の彫りが深かった!
あばらが浮き出たお姿で、「すごい修行なんだろうな。。」と思いながら
まじまじとお顔を拝見させていただきました。

その後特別公開の宝物などを見せていただいて最後に国宝・東院堂へ。

IMG_2646.jpg

鎌倉時代の建築物だそうです。

中にはとても見事な観世音菩薩様がおられました。国宝と書いてあったな。

寺社仏閣巡りをしてると いつも仏像そのものにも目が行くのだけど
その背後の部分が気になってしょうがないんですよね。

絵.jpg

マウスでかいたのでめちゃくちゃだけどわかります?
ココの部分の細工がすごいんですよね、どれもこれも。
あれ、近づいてガン見したいなーーー。無理だけど(笑)。

薬師寺をひとまわりするのに2時間以上かかりました。
ふむふむ言いながら説明たくさん読んだけど 読みすぎて忘れたので
すっかり脳内から消える前に 頂いた資料よんで復習しておこうとおもいます。

広くて清々しいお寺だったな。 また行きたいと思います。

IMG_2642.jpg

IMG_2647.jpg


次は唐招提寺編です。
ニックネーム リネオ at 15:47| Comment(4) | 史跡・歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする